消えた長押

和室も変わった。障子をつける場合、昔は、その高さを、五尺八寸とか五尺九寸といっていた。しかし、最近は六尺ぐらいになった。五尺八寸というと1.7メートルいくつで、今の身長の高い人だと頭がぶつかる。梁の高さが変わり、この寸法が、ドアや引き戸から、ずっと部屋全体にとおっていく。鴨居の上部につける材料が、長押という化粧部材だ。<a href=https://stud-wall.work/had-disappeared/>https://stud-wall.work/had-disappeared/</a>