法律の構成

(a)附従性の原則の理解。縷々述べたとおり,通説は,消滅における附従性の原則の内容を限定的に理解し,主債務の責任縮減が保証人の責任縮減をもたらすという論理を含まないことを前提にしているから,倒産手続の上記特則は附従性の原則の例外規定とは捉えられてはいない。そこからは,これらの規定がなくても,主債務免責の場面での保証人の責任の存続は,附従性の原則と抵触せずに認められることになり,法律構成上は類推適用を認めやすいことになる。https://vpkarouk.com/private-arrangement/law/