希望の競売物件があったら

<a href=https://www.pretty--ugly.com/happy-auction-property/if-there-is-a-desired-auction-property/>売却基準価額の2割の保証金を裁判所の指定銀行に納付し、住民票(個人の場合)など、入札するための書類を揃え、入札期間内に裁判所に提出する。そして、開札結果の発表によって、売却許可の決定が出たら、代金の納付をして、所有権移転登記の手続きを行ない、物件の引き渡しとなるのだ。彼女のような素人に競売の手ほどきをする専門業者は、裁判所に提出する書類の書き方指導や、居住者の立ち退きまで、競売に関する諸々を引き受けてくれる。</a>