【みなし弁済制度は廃止】

この「みなし弁済」が認められるためには、次の条件がありました。 ①契約締結時に、 貸付金額、利率、返済方法、返済期間及び回数など法令で定められた事項を記載した書面を債務者(借主)に交付すること。 ②債務者や保証人から弁済があった場合には、 ...<a href=https://fudosanyasan.xyz/abolition/>https://fudosanyasan.xyz/abolition/</a>